缶コーヒーの温め方!電子レンジや安全に温めるグッズとは?

当ブログは広告を含む場合があります。
缶コーヒーの温め方

缶コーヒーは一度冷めても、温め直す方法があります。

缶コーヒーの温め方はたくさんあるので、手元にある調理器具や家電で対応しましょう。

ただストーブや電子レンジで温めるときはNG行為もあるので注意。

最後に外出先で買った缶コーヒーを冷まさないグッズも紹介しますね。

スポンサーリンク
目次

缶コーヒーの温め方【自宅編】!温めるグッズ

自販機で缶コーヒーを買ったけど家に着いたら冷めてしまった

こんなときは自宅で缶コーヒー温める方法を実践してみましょう。

缶コーヒーのまま温める方法は、以下の3つになります。

① 自宅の鍋を使って缶コーヒーを温める

鍋でお湯を沸かす

特別な家電やグッズがなくてもできる王道の温め方が、お湯を使った方法です。

必要なのはお鍋だけ。

お鍋で湯を沸かして、そこに缶コーヒーを入れて温めるという方法です。

鍋で温める方法

  1. 鍋にお水を入れる
  2. 火をつけてお湯にする
  3. 火を止めて缶コーヒーを鍋に入れる
  4. 缶コーヒーが温まったら取り出す

取り出すときは缶が熱くなっているので、タオルなどを使いましょう。

注意したいのは、火をかけたまま缶コーヒーを入れないようにすること。

缶が変形したり破裂して中身が出てくる恐れがあります。

沸騰して10分ほど放置してから缶コーヒーを10分ほど入れれば十分に温まります。

ペットボトルコーヒーだと容器が変形するリスクがあるので、この温め方は使えません。

参考⋙ペットボトルコーヒーの温め方とは?安全ですぐできる方法

② 電気ケトルがあれば缶コーヒーを時短で温めることが可能

電気ケトル

電気ケトルがあれば、お湯をもっと簡単に沸かせます。

そのケトルの中に缶コーヒーを入れれば、温めることも可能。

電気ケトルを使った温め方

  1. 電気ケトルに水を入れて温める
  2. 沸騰したら5分ほど待つ
  3. ケトルの中に缶コーヒーを入れる
  4. 10分ほどしたら缶コーヒーを取り出す
  5. ケトル内の水は捨てる

火を使わなくても、電気で温めることができます。

ケトルがあれば鍋を使うよりも、手軽に缶コーヒーを温めることができますよ。

③ 大量の缶コーヒーを温めるには保温庫が良い

鍋やケトルを使った温め方は、1本~2本の缶コーヒーのみに使えます。

もし大量の缶コーヒーを一気に温めたいなら、保温庫が必要。

created by Rinker
¥5,380 (2024/04/21 21:34:45時点 楽天市場調べ-詳細)

コンビニなどに置いてある、”あたたか~い”系の飲料を温めているタイプと同じですね。

今後も継続的に何本もの缶コーヒーを一気に温めるつもりなら、缶ウォーマーも検討しましょう。

参考⋙缶コーヒーは箱買いが安い!ドンキなどでセット買いしよう

【NG】缶コーヒーをストーブを使って温めるのはおすすめしない

ストーブ

自宅でやってはいけないのが、ストーブを使った温め方。

ストーブの上に置けば、缶コーヒーを温められると思うかもしれません。

でもこれは直火で缶コーヒーを温めようとしているのと同じ。

缶コーヒーが変形したり、成分が溶けて飲料に紛れることもあります。

缶が破裂したら中身がこぼれますし、開封した瞬間に中身が噴き出すリスクも。

なのでお鍋やケトルという安全な方法で、缶コーヒーを温めることをおすすめします。

缶コーヒーの温め方

  • 鍋で湯を沸かす
  • 電気ケトルで湯を沸かす
  • 大量に温めるなら缶ウォーマー
  • ストーブを使うと容器が破損するリスクあり
スポンサーリンク

缶コーヒーは電子レンジを使った温め方もできる

缶コーヒーは電子レンジを使って温めることもできます。

ただ缶のままレンジでチンするのは超危険。

正しいやり方を紹介しますね。

① 缶コーヒーの中身をマグカップに移してレンジでチン

マグカップと電子レンジ

電子レンジを使いたいときは、中身をマグカップなどに移した方が安全です。

こうすれば普段の飲み物を、レンジで温めるときと同じ要領になりますよね。

鍋やケトルよりも時短で温めることが可能。

特に缶コーヒーで飲むこと自体にこだわりながないなら、マグカップに移しましょう。

② 缶コーヒーを直接レンジでチンするリスク

移し替えるのが面倒だからと、そのままレンジでチンするのは危険。

容器からコーヒーが噴き出したり、容器が破裂するリスクもあるからです。

もともと缶飲料自体がレンジで温めるように作られていません。

なのでマグカップ等に移し替えた方が安全性が高いです。

③ 缶コーヒーのままレンジで温めるグッズもある

今後、缶コーヒーのままレンジで温めたいならグッズを使いましょう。

“Hotす〜る”というグッズで、これを使えば、そのまま電子レンジが使えます。

こういったグッズを使えばマグカップ等に移し替える手間なく、そのまま温めることが可能に。

電子レンジを使った温め方

  • 中身をマグカップに移し替える
  • 缶コーヒーのまま温めるのは危険
  • グッズを使えばそのまま温めることも可能
スポンサーリンク

缶コーヒーを保温!外出時に自販機で買ったときはホルダーを使おう

最後は外出時に、できるだけ温かい状態で缶コーヒーを飲みたいとき。

そのときに使える保温機能のあるグッズや、使い方を紹介します。

① 缶コーヒーを保温して持ち運び可!保温ホルダー

外出時に温いまま飲む方法として効果的なのが保温ホルダー。

保温・保冷の機能があり、適温で缶コーヒーを飲むことができます。

created by Rinker
¥1,870 (2024/04/21 21:34:46時点 楽天市場調べ-詳細)

ゆっくり飲みたいなら、こういった保温保冷ホルダーが向いています。

外出時に買った温かい缶コーヒーを、少しずつ飲むことができます。

② 100均グッズならカイロなどで保温しながら飲める

カイロ

冷めないようにする程度なら、ホッカイロでも代用可能です。

例えばカイロで缶コーヒーを包めば、即席の保温機能を付けることはできます。

アルミホイルなどで包めば、さらに効果は高まります。

保温ホルダーと比べれば保温効果は薄いですが、冬に”ついで”でできる温め方ですね。

外出時に温める方法

  • 保温ホルダーを使う
  • カイロで包む
スポンサーリンク

缶コーヒーはぬるいと美味しくない!温め方を学ぼう

缶コーヒーは、ぬるくなると味も美味しくなくなります。

自宅にいるならケトルで温めたり、中身を移し替えて電子レンジで温め直しましょう。

もし外出時なら保温ホルダーなどを用意しておくと便利。

ずっと温かい状態で缶コーヒを飲むことができますよ。

缶コーヒーは生活の一部として浸透して、習慣のように飲まれています。

もし健康面が気になるなら、無糖やデカフェなども組み合わせて楽しむのがおすすめ。

参考⋙缶コーヒーは無糖でも毎日飲むのはダメ?

参考⋙缶コーヒーは太るのか?肥満リスクを高める飲み方

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次