ペットボトルコーヒーの温め方は?常温になったときの温める方法

当ブログは広告を含む場合があります。
ペットボトルコーヒーの温め方

ホットのペットボトルコーヒーが常温になったら、温めた方が美味しいですよね。

ただペットボトルのまま電子レンジに入れたり、鍋で温めるのは危険。

ペットボトルが溶けて変形したり、破裂してしまう可能性があるからです。

この記事でわかること

  • ペットボトルコーヒーの温め方
  • “簡単だから”とやりがちなNG行動
  • 常温にさせないための工夫

日頃からペットボトルコーヒーを飲むなら、ぬるくさせない方法も知っておくと便利ですよ。

スポンサーリンク
目次

ペットボトルコーヒーの温め方!確実に温める方法は電子レンジ

では常温に戻ったぬるいペットボトルコーヒーを温める方法を紹介。

せっかく温めた後だからこそ実験したい、アレンジも見ていきましょう。

① 中身をコッピに入れて電子レンジで温める

電子レンジで温める

ペットボトルコーヒーを温めるときに確実なのが電子レンジ。

でもペットボトルの容器ごと温めるのは危険が伴います。

容器が変形したり中身が破裂して、電子レンジの中がぐちゃぐちゃになるリスクがあるから。

電子レンジはダメ

コンビニなどにあるホット飲料を温める容器は専用のもの。

家庭の電子レンジでは代用できないんですね。

なのでペットボトルコーヒーを温めたいなら、中身をコップに移します。

そしてコップを電子レンジに入れて温めればOK。

これが味が変わる心配もなくコーヒーを温める方法になります。

家に電子レンジがあるなら、まず電子レンジを使って温め直しましょう。

② ストーブやコンロなどで温めるときはゆっくり

ストーブやコンロでも温めることはできますが注意が必要。

それがペットボトルのまま上に置かないことです。

やかんでコーヒーを温める

これも容器が破れたり溶けて変形するリスクがあるからなんですね。

なのでコーヒーをやかんなどに移して、かき混ぜながら温めるようにしましょう。

電子レンジより時間がかかりますが、コンロやストーブがある場合は試す価値があります。

【オマケ】家でペットボトルコーヒーを飲むならアレンジにも挑戦

家でペットボトルコーヒーを飲むときはアレンジをすると飽きが来ません。

私がよくするアレンジはミルクや豆乳を入れること。

これだけで味がまろやかになって飲みやすくなりますよ。

いつもとは違う味を楽しみたいなら、温め直した後にアレンジをしてみてはいかがでしょうか?

飲み過ぎは体に毒ですが、適量であればペットボトルコーヒーも眠気覚ましにピッタリですし。

参考⋙ペットボトルコーヒーは体に悪い?成分や飲み方に注意

温める方法

  • コップに移して電子レンジを使う
  • 鍋に入れてコンロでゆっくり温める
  • ミルクや豆乳でアレンジをするのもおすすめ
スポンサーリンク

ペットボトルコーヒーを温めるときのNG行動!危険な温め方

ペットボトルコーヒーを温めるときに、やってはいけないことがあります。

味がまずくなったり、ペットボトルが破損する可能性があるので注意しましょう。

① 電子レンジでそのまま温めても大丈夫?⇒ダメ

電子レンジはダメ

ペットボトルのまま電子レンジで温めるのは辞めましょう。

ペットボトルが変形したり、中身が破損して飛び散る危険もあります。

コンビニなどにあるペットボトルは電子レンジで温めることを想定して作られていません。

なので一手間はかかりますが、中身をコッピに移して電子レンジを使った方が良いですよ。

② 鍋にお湯とペットボトルを入れて沸かすのも危ない

お湯を沸かす

ペットボトルを鍋に入れてお湯を入れる。

このまま沸かせばペットボトルコーヒーも温かくなります。

ただこのやり方も、ペットボトルの耐熱温度を超える危険があるので注意しましょう。

お湯が沸騰しないように、ゆっくり沸かすのであれば大丈夫です。

ただ沸騰するとペットボトルが溶けてしまうんですね。

変形すればわかりますが、見た目はそのままでペットボトルが溶けたコーヒーを飲むのは危険。

③ ペットボトルコーヒーをぐつぐつに沸騰させると味が変わる

中身を鍋に入れて温めるという方法もあります。

このときも強火にはせず、弱火でゆっくり温めるようにしましょう。

強火で沸騰させると水分が蒸発して、ペットボトルコーヒーの味が変わります。

せっかく温めたのに味が不味くなったら台無しですよね。

なのでゆっくりと温めて味が変わらないようにしたいですね。

参考⋙ペットボトルコーヒーをまずいと感じるときの原因や代替案

NGの温め方

  • そのまま電子レンジで温める
  • そのまま鍋に入れて沸騰させる
  • 中身を鍋に移しても強火にすると味が変わる
スポンサーリンク

ペットボトルコーヒーの常温にさせない!冷まさない工夫

よくペットボトルコーヒーを常温にしてしまう

そんなときは、ペットボトルコーヒーをぬるくさせない工夫も実践してみましょう。

① ペットボトルウォーマーなど保温器グッズを使う

今はペットボトルホルダーが定番となっています。

持ち運びしやすくするためのグッズですが、保温機能がある商品もあるんですね。

常温になりにくいので、ゆっくりと熱いコーヒーを楽しむことができます。

created by Rinker
¥3,980 (2024/04/22 02:24:56時点 楽天市場調べ-詳細)

さらにPCなどがあればペットボトルウォーマーを使うことも可能。

USBに接続するだけでペットボトルを温めることができるんです。

これなら家に帰らなくても外出先で熱いペットボトルコーヒーを飲むことができますよね。

ペットボトルウォーマー

② オフィスで飲むならコンビニコーヒー×タンブラーに切り替える

またコンビニでペットボトルコーヒーを飲んでいるなら、コンビニコーヒーに切り替えるのもおすすめ。

保温機能のあるタンブラーを使えば、コンビニコーヒーも熱いまま飲むことができます。

ニトリ タンブラー

ローソンやファミリーマートなら自前のタンブラーでも入れてくれますよ。

タンブラーも100均やニトリでコスパが良い商品もあるので、お試しとして使いやすいです。

参考⋙コンビニコーヒーを美味しく飲めるおすすめのタンブラーを紹介

常温にさせない工夫

  • ペットボトルホルダーを使う
  • ペットボトルウォーマ―を使う
  • コンビニコーヒーに切り替える
スポンサーリンク

ペットボトルコーヒーは温めた方が美味しいが温め方に注意が必要

ペットボトルコーヒーはぬるくなったら温め直した方が美味しいです。

ただそのままの容器で電子レンジに入れたり、鍋でお湯を沸かすのは危険。

ペットボトルが溶けて変形したり、破損して中身が出るからです。

中身をコップなどに移して温め直しましょう。

買ったあとによく常温になることで悩むならグッズを使って解消できます。

ペットボトルホルダーやウォーマーを使えば、温かいままでコーヒーを飲めますよ。

参考⋙ペットボトルコーヒー のカフェイン量は?1日の摂取量に注意

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次