コンビニコーヒーはタンブラー(100均)で飲もう!ダイソーやセリアにある”おすすめタンブラー”

当ブログは広告を含む場合があります。
コンビニコーヒーと100均タンブラー

コンビニコーヒーを飲むときも、タンブラーは使えます。

なのでダイソーやキャンドゥ・セリアなどの100均のタンブラーも使用可能。

ただタンブラーを使うのはメリットと同様にデメリットもあるんですね。

この記事でわかること

  • コンビニコーヒー向けのタンブラーはある
  • ダイソー・キャンドゥ・セリアなど100均でも販売
  • 100均タンブラーを使うメリット・デメリット

気軽かつお得に飲めるのがコンビニコーヒーの良いところ。

それを自分で用意してきたタンブラーを使うメリットには、どんなものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク
目次

コンビニコーヒーにタンブラー(100均)は使えるのか?

実は全てのコンビニでタンブラーが使えるわけではないんです。

コンビニごとにタンブラーで値引きされる会社や、使用が不可の会社があるんですね。

① タンブラーで飲めるコンビニコーヒーはある

コンビニでコーヒーを買う

コンビニごとにタンブラーの対応状況を見ていきましょう。

ローソン・セブンイレブン・ファミリーマート・ミニストップで対応が変わります。

スクロールできます
コンビニタンブラー対応特典など
ローソン対応マチカフェドリンクが10円引き
ファミリーマート対応特典はなし
サークルKサンクス対応特典はなし
セブンイレブン店舗による特典なし
ミニストップ非対応

まずローソンについてはタンブラーの利用で10円引きの値引きとなります。

なので普段から飲んでいるコンビニコーヒーがローソンならタンブラーを買うのがお得。

ファミリーマートやサンクスについては特典はありませんがタンブラーの利用が可能です。

セブンイレブンとミニストップについてはタンブラーの利用は不可。

そこで次の対応が必要になってきます。

②コンビニコーヒーをカップごと保存できるグッズを使おう

タンブラーが使えないコンビニでも100均のグッズでタンブラー風に楽しむことができます。

それが紙コップごと保存するグッズになります。

created by Rinker
¥1,450 (2024/04/22 01:39:07時点 楽天市場調べ-詳細)

見た目もオシャレになるし、保温性・保冷性の機能を持ったタイプやフタ付きのものまで。

ゆっくり飲みたいなら保温性や保冷性があるもの。

歩きながら飲んだり車で飲む場合はフタ付きを選ぶと良いですよ。

③実際に使ってみた人の感想や評価

コンビニコーヒーでタンブラーを使用している人の声を見ていきます。

100均のタンブラーでも満足度は高いことがわかりますよ。

1つ注意したいのは移し替える行為です。

セブンイレブンやミニストップなどタンブラーが禁止されているコンビニでコーヒーを注文。

紙コップにコーヒーを淹れてもらったあとに、タンブラーに移し替えるのはデメリットがあります。

デメリット

  • こぼすリスクがある
  • 常温になりやすい
  • 毎回するのは面倒

移し替える以外では100均タンブラーでもコンビニコーヒーを楽しめるという声が多かったです。

では実際に100均にはどんなタンブラーがあるのでしょうか。

コーヒーを直接淹れるタンブラーと、紙コップごと保存するグッズの両方を見ていきましょう。

コンビニコーヒーと100均タンブラー

  • コンビニごとにタンブラーへの対応は違う
  • ローソンなら10円値引きがあるのでおすすめ
  • タンブラー未対応でも紙コップごと入れるタイプで代用可
  • 移し替えるのはリスクがあるので辞めておく
スポンサーリンク

コンビニコーヒーにも使える100均のタンブラー!ダイソーやセリアへGO!

100均にはどんなタンブラーがあるのでしょうか。

ダイソー・セリア・キャンドゥ別にタンブラーを見ていきます。

① ダイソーのタンブラーは500ml・500円(税込550円)

ダイソーのタンブラー

ダイソーで見つけたタンブラーが『真空2重ステンレスタンブラー』。

残念ながら100円ではありませんが、550円という安価で手に入ります。

そして少し小さいもので保温と保冷の機能があるのが『ステンレスタンブラー』

こちらは360mlとなり値段は550円となっています。

500mlタイプと360mlタイプがありました。

ダイソーネットストアにアクセスすれば、現時点で在庫があるタンブラーが見つかります。

時期によって容量と価格が微妙に違うので、公式サイトで確認してみてください↓

参考⇒ダイソーのネットストアでタンブラーを見てみる

② キャンドゥのステンレスタンブラーはフタ付き

キャンドゥのタンブラー550円

キャンドゥにもステンレスタンブラーが販売されていました。

値段もダイソーと同じ550円(税込)で360mlタイプ。

そして440円で可愛いデザインのタンブラーもありました。

こちらはコーヒーを紙コップごと入れることもできます。

キャンドゥのタンブラー440円

キャンドゥの方がオシャレという声が多いですね。

公式サイトにはさらに別のタンブラーも販売されていることがわかりました↓↓

公式サイト⇒キャンドゥのタンブラーを見てみる

③ セリアにはフタ付きタンブラーもある

セリア タンブラー フタ付き

セリアにもいくつかタンブラーがありました。

保温保冷機能があるものや、フタが付いているタイプになります。

コンビニコーヒーを車などで飲むならセリアのフタつきタンブラーが良いでしょう。

紙コップやプラスチック容器のまま入れることもできますし。

100均のタンブラーについて

  • ダイソーは容量など種類が豊富
  • キャンドゥはオシャレ
  • セリアはフタ付き
スポンサーリンク

コンビニコーヒーに100均タンブラーを使うメリット

最後はコンビニコーヒーに100均タンブラーを使うメリットとデメリットを見ていきます。

低額なので気軽に試せますが、買うのに悩んでいる人は次のメリットをチェック。

以下の3つのメリットに魅力を感じなければ、100均タンブラーを買う必要はありません。

① 紙コップやプラスチックより保冷・保温できる

タンブラーの保温機能

タンブラーを使う最大のメリットは保冷・保温機能。

コンビニコーヒーだと紙コップやプラスチック容器にコーヒーを淹れますよね。

便利ですが、そのまま放置すればすぐに常温になってしまうのがネック。

しかしタンブラーを使えば、冷たいまま・温かいままの時間が持続します。

100均なので効果時間は短いですが、それでもコンビニコーヒーをそのまま飲むよりはマシ。

コンビニコーヒーをゆっくり楽しみたい人はタンブラーを活用しましょう。

② 100均タンブラーに入れると持ち運びしやすい

コーヒーを外で飲む

コンビニコーヒーを紙コップやプラスチック容器にいれると、持ち運びが慎重になります。

ちょっとした振動でこぼしたら、服や車の中が汚れてしまいますよね。

そんなときにも活用できるのが100均タンブラー。

100均タンブラーの中でもフタ付きだったり、容器ごと保存するタイプなら持ち運びしやすいです。

紙コップやプラスチック容器なら熱くても、タンブラーなら大丈夫。

持ち運びするためだけなら、100均でも違うグッズを活用できますよ。

参考⇒コンビニコーヒーの持ち運びに便利な100均グッズを紹介

③ 他社のタンブラーと比べてコスパが良い

100均タンブラーのメリットはコスパの良さでしょう。

確かに単純な保冷・保温機能であれば、メーカーが作ったタンブラーが優れています。

ただ値段が数千円と数百円と10倍違うのは見過ごせません。

試しにタンブラーを使ってみたい

そんな場合は100均タンブラーから始める価値はあります。

実際に使って物足りない機能があれば、メーカーのタンブラーに変えればいいだけ。

買い物の失敗リスクがないという点でも100均タンブラーは優れていますね。

参考⇒コンビニコーヒーにおすすめのタンブラー特集

100均タンブラーのメリット

  • 紙コップやプラスチック容器より保冷・保温できる
  • 持ち運びしやすいタイプがある
  • 他社のタンブラーと比べてコスパが良いので試しやすい

コンビニコーヒーで100均タンブラーを使うデメリット

100均タンブラーはメリットばかりではありません。

次の2つは買う前に事前に知っておいた方が良いでしょう。

① コスパの良いタンブラーで言えばニトリや無印にもある

100均タンブラーのデメリットは100円ではないこと。

もちろんタンブラーが300円~600円で帰るのはお手頃です。

ただコスパが良いタンブラーならニトリや無印でも販売されているんですね。

created by Rinker
¥699 (2024/04/22 01:39:07時点 楽天市場調べ-詳細)

ニトリや無印のタンブラーでも1000円以下で購入は可能。

なので100均タンブラーの性能に不安があるならニトリや無印も検討しましょう。

参考⇒コンビニコーヒーのタンブラーはニトリ製が良い?

② タンブラーを使うと管理コストがかかる

タンブラーを手入れする

コンビニコーヒーのメリットの1つに手軽さがあります。

その場でコーヒーを飲めて、飲み終わったらごみ捨てに捨てるだけ。

しかしタンブラーを使えば、そのタンブラーを家に持って帰り洗う必要があるんですね。

手軽にコーヒーを飲む目的でコンビニコーヒーを注文しているなら、タンブラーは邪魔になる可能性があります。

フタがないタンブラーだと車の運転中にこぼすリスクも高まりますし。

参考⇒コンビニコーヒーはタンブラーに入れれば車でも飲みやすい?

100均タンブラーのデメリット

  • ニトリや無印などコスパ良のタンブラーもある
  • 洗ったり持ち運ぶ手間がかかる
スポンサーリンク

コンビニコーヒーにタンブラーは使用可能!おすすめはローソン

コンビニコーヒーにタンブラーを使うことはできます。

コンビニによって対応しているかは変わりますが、ローソンなら値引きもしてもらえますよ。

100均タンブラーならコスパよく試せますし、各100均メーカーによって特徴も違います。

コンビニコーヒーをもう少し時間をかけて飲みたいならタンブラーはおすすめ。

まずはダイソー・キャンドゥ・セリアに行き、各種タンブラーを実際に見てみましょう。

もし100均にこだわらないのなら以下の記事も参考にしてください↓↓

参考⇒コンビニコーヒーに使えるタンブラーのおすすめ5選

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次