カフェミストとスターバックスラテの違いは?どっちが美味しいか特徴

当ブログは広告を含む場合があります。
カフェミストとスターバックスラテの違い

カフェミストとスターバックスラテには決定的な違いがあります。

それがコーヒーで作られたドリンクか、エスプレッソで作られたドリンクか。

コーヒーにミルクを注いだ、スッキリとした味わいが特徴のカフェミスト。

エスプレッソにミルクを注いだ、珈琲豆の苦みを感じられるスターバックスラテ。

どちらが美味しいと感じるかは、どんなドリンクを飲みたいかで変わります。

今回はカフェミストとスターバックスラテのカロリーやカフェインも比較しました。

それぞれのドリンクを頼むときの、おすすめのシチュエーションも紹介しています。

スポンサーリンク
目次

スタバのカフェミストとスターバックスラテの違い!比較項目5選

カフェミストとスターバックスラテは、似ている印象があるかもしれません。

そこで製法・値段・栄養成分・味・カスタムで違いを見ていきましょう。

あなたはどちらのドリンクの方が合っているかわかりますよ。

スクロールできます
比較項目カフェミストスターバックスラテ
作り方ドリップコーヒーとミルクエスプレッソとミルク
値段405円~535円
おかわりができてお得
449円~580円
栄養カロリー 87kcal
カフェイン 94mg
カロリー 148kcal
カフェイン 80mg
すっきりした味わい
コーヒーの苦味がない
濃厚な味わい
コーヒー好きな人向け
カスタムミルク変更が無料リストレットショットに変更可

① カフェミストとスターバックスラテの作り方の違い

コーヒーマシン

カフェミストはドリップコーヒーにスチームミルクを加えたもの。

一方でスターバックスラテは、エスプレッソとミルクを合わせたものになります。

つまり違いはコーヒーで作られたドリンクか、エスプレッソで作られたドリンクかだけ。

ではコーヒーとエスプレッソは、どんな違いがあるのでしょうか?

一言で言えば抽出方法が違います。

ドリップコーヒーとは紙や布を使って抽出しています。

一方でエスプレッソは専用の器具で圧力をかけて抽出しているんですね。

深みのある味わいになるのがドリップコーヒー。

濃厚でコーヒーの苦みがしっかりのこるのがエスプレッソとなります。

② カフェミストとスターバックスラテの値段の違い

レジでお会計

値段に関してはカフェミストの方が安くなっています。

ショートサイズで比べてみました。

カフェミスト

  • Short ¥405
  • Tall ¥445
  • Grande ¥490
  • Venti® ¥535

スターバックス ラテ

  • Short ¥449
  • Tall ¥490
  • Grande ¥535
  • Venti® ¥580

さらにカフェミストではミルク変更が無料でできます。

そしてカフェミストにあるお得な制度が、ワンモアというおかわり制度。

レシートを持参すると2杯目のカフェミストを220円(店内価格)で注文できます。

さらに1杯目をWeb登録済みのスターバックス カードで支払えば、165円(店内価格)となります。

このように安さやお得さで言えば、圧倒的にカフェミストが優勢となります。

参考⋙スタバをお得に使いたいときのクレカ選びや活用法

③ カフェミストとスターバックスラテのカロリー・カフェインなどの違い

ホワイトモカのカップ

ではカロリーやカフェインには、どんな違いがあるのでしょうか。

ショートサイズのホットで比べてみました。

カフェミスト

  • エネルギー 87kcal
  • タンパク質 4.9g
  • 脂質 4.3g
  • 炭水化物 7.3g
  • 食塩相当量 0.1g
  • 食物繊維 0.3g
  • 糖質 7.1g
  • ナトリウム 55mg
  • カリウム 329mg
  • トランス脂肪酸 0.1g
  • 飽和脂肪酸 2.5g
  • カフェイン 94mg

カロリーに関してはカフェミストの方が少ないです。

カロリーに関してはアーモンドミルクに変更して、低カロリーにすることもできますよ。

カフェミストであれば、ミルク変更が無料なので気軽に注文できますし。

スターバックスラテ

  • エネルギー 148kcal
  • タンパク質 8.4g
  • 脂質 7.6g
  • 炭水化物 12.0g
  • 食塩相当量 0.2g
  • 食物繊維 0.3g
  • 糖質 11.7g
  • ナトリウム 94mg
  • カリウム 459mg
  • トランス脂肪酸 0.2g
  • 飽和脂肪酸 4.4g
  • カフェイン 80mg

エスプレッソは一杯に使用する豆や粉の量が少ないので、カフェインが少なくなります。

なのでカフェイン量に関してはスターバックスラテの方が少ないですね。

カフェインが気になるならデカフェのカスタムをしましょう。

カフェミストもスターバックスラテもデカフェに対応しています。

④ カフェミストとスターバックスラテの味の違い!

ホワイトモカのデカフェ

味に関してはハッキリとした違いがあります。

カフェミストはドリップコーヒーとミルクを1対1で合わせています。

なのでコーヒーの中でもスッキリとしていて飲みやすいのが特徴。

コーヒーが苦手だったり、苦みを避けたい人向けのドリンクですね。

一方でエスプレッソは濃厚で珈琲の渋みもしっかりと残っています。

コーヒー本来の味が好きな人や、眠気覚ましに注文するときにおすすめです。

⑤ カフェミストとスターバックスラテのカスタムの違い

ホイップにキャラメルソース

お互いに共通しているのはデカフェやミルク変更ができること。

それ以外の項目でも、可能なカスタムはほぼ一緒でした。

モバイルオーダーでのカスタム対応で比べています。

カフェミストのカスタム

  • ホイップの追加
  • シロップの追加
  • エスプレッソショットの追加
  • ミルク量の変更
  • デカフェ
  • ソースの追加
  • ミルクの温度の変更
  • ミルクの種類の変更

スターバックスラテのカスタム

  • ホイップの追加
  • シロップの追加
  • エスプレッソショットの追加
  • リストレットショットへの変更
  • ミルク量の変更
  • デカフェ
  • ソースの追加
  • ミルクの温度の変更
  • ミルクの種類の変更

先ほども言いましたがカフェミストに関してはミルク変更が無料です。

それ以外のカスタムの値段に関しては、お互いに違いはありませんでした。

スクロールできます
比較項目カフェミストスターバックスラテ
作り方ドリップコーヒーとミルクエスプレッソとミルク
値段405円~535円
おかわりができてお得
449円~580円
栄養カロリー 87kcal
カフェイン 94mg
カロリー 148kcal
カフェイン 80mg
すっきりした味わい
コーヒーの苦味がない
濃厚な味わい
コーヒー好きな人向け
カスタムミルク変更が無料リストレットショットに変更可
スポンサーリンク

スターバックスのカフェミストとラテはどっちが美味しい?

カフェミストとスタバラテはどっちが美味しいの?

この問いに対する答えはありません。

ただどんなドリンクが飲みたいかで、ドリンク選びは変わってきます。

結論を言えば、あっさりしたコーヒーを飲みたいならカフェミストがおすすめ。

深くて濃厚なコーヒーを飲みたいならスターバックスラテを選びましょう。

① すっきりしたミルクの甘さを感じたいならカフェミスト

カフェミストのブレベミルク

カフェミストはドリップコーヒーにミルクを50:50の割合で注いだもの。

なのでコーヒーの苦みが少なく、ミルクのおかげであっさりとした味わいです。

コーヒーの苦みが得意ではない人でも安心して飲むことができますね。

私も純粋なドリップコーヒーが少し苦手なので、コーヒーを飲みたいときはカフェミストを選びます。

ワンモアで2杯目を頼み、ミルク変更をして味を比べたりしています。

参考⋙カフェミストはおかわりを活用!ワンモアでもっとお得

② コーヒーの渋みを感じたいならスターバックスラテ

スターバックスのショートサイズ

一方でスターバックスラテは大人向けのドリンクといった印象。

コーヒーの苦味がしっかりと感じれる濃厚なドリンクとなっています。

もともとコーヒーが好きな人は、スターバックスラテの方が満足感は高いはず。

人気なのもスターバックスラテの方ですね。

朝に飲んで仕事モードに切り替えたり、勉強中の眠気覚ましにも愛用しています。

③ カスタム次第で味の印象を変えることもできる

スターバックスのカスタム

もちろんどちらのドリンクもカスタム次第で甘くも苦くもできます。

甘いカスタムで言えば、ホイップ・ソース・シロップの追加ですね。

逆に苦くしたいときはエスプレッソショットの追加というカスタムがあります。

ただもともとスッキリした味わいのカフェミストを苦くしたり、スターバックスラテを甘くする必要性は薄いかなと。

それなら最初から注文するドリンクを別にした方がいいですね。

なのでカフェミストをカスタムするときは、より甘くする方向へ。

スターバックスラテをカスタムするときは、より濃厚にする方向を選びましょう。

参考⋙カフェミストをカスタマイズして甘くしたいときどうする?

どっちが美味しいの?

カフェミストがおすすめの人

  • 苦みが苦手
  • コーヒーをあまり飲まない
  • カスタムで甘くしたい

スタバラテがおすすめの人

  • 日常的にコーヒーを飲んでいる
  • 眠気覚ましに飲みたい
  • 苦みや渋いコーヒーが好き
スポンサーリンク

カフェミストとラテの違いをシチュエーション別に活かす【経験談】

私はカフェミストもスターバックスラテも両方とも注文しています。

そんな経験を活かして、どんなシチュエーションで使い分けているか紹介します。

① 朝にカフェミスト!夕方にワンモアでデカフェ

カフェミストを選ぶときは、ワンモアを使いたいときが多いですね。

例えば朝にスタバに寄りカフェミストをテイクアウト。

夜はカフェミストをデカフェにして、店内でリラックスして過ごす。

このように1日2杯を飲みたいときは、スターバックスラテよりカフェミストがお得。

1杯目と2杯目でミルクを変更して、味を少しだけ変えるのも楽しみの一つ。

ドリップコーヒーもコーヒー豆が変われば味も少し変わります。

日によって味の変化を楽しめるのがカフェミストの魅力ですね。

参考⋙カフェミストはブレベミルクやアーモンドミルクなどミルク変更

② お昼に甘いデザートと頼むならスターバックスラテ

チョコレートチャンクスコーンのレビュー

スターバックスラテに関してはお昼に頼むことが多いです。

眠気を覚ましたいときはもちろん、スタバで甘いスイーツを頼んだときに注文。

ケーキの甘みと、スタバラテの苦みを同時に楽しめますよ。

あとは深い味わいはそのままに、スターバックスラテを甘くする実験もしてみました。

キャラメルシロップとキャラメルソースを加えて、キャラメル風のラテに。

コーヒーの苦みをしっかりと残しつつ、キャラメルの甘さで飲みやすくなりましたね。

ただ基本的にはコーヒーの苦さが欲しいときに頼むことが多いです。

③ 日常的に飲むならカフェミスト!スタバラテはご褒美に注文

スターバックスのレジ

スタバに通う頻度が多い人はカフェミストがおすすめ。

値段も安いしミルクも無料で変更できるし、ワンモアで2杯目をお得に注文できるからです。

たまにイートインでスイーツを頼むときはスターバックスラテも良いでしょう。

スイーツで口の中が甘くなりすぎるのを防いでくれます。

勉強中や仕事モードに切り替えたいときも、スターバックスラテの方が向いていますね。

状況で使い分けよう!

  • 頻繁に頼むならカフェミスト
  • オンに切り替えたいときはスターバックスラテ
スポンサーリンク

カフェミストとスターバックスラテは味が違う!使い分けよう

カフェミストとスターバックスラテは作り方が違います。

ドリップコーヒーにミルクを入れるのがカフェミスト。

エスプレッソにミルクを入れるのがスターバックスラテです。

飲みやすさで言えばカフェミストを選びましょう。

コーヒーが好きで苦みを味わいたいならスターバックスラテがおすすめ。

カフェミストに関しては、カスタムがしやすいというのもメリットの一つ。

おかわりで2杯目をお得に注文したり、ミルクを無料で変更できますよ。

参考⋙カフェミストをミルク多めにしてもらう方法

参考⋙カフェミストってアイスにできるの?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次