スタバのフードチケット(700円)におすすめの使い方が!使い切る方法

当ブログは広告を含む場合があります。
フードチケットの700園の使い方

スタバのフードチケット(700円)には、おすすめの使い方があります。

お釣りがもらえないフードチケットで700円分を使い切るのは難しいはず。

そんなときは高額なフードを扱っているスターバックス店舗や、期間限定フードを狙いましょう。

タイミングが良ければ、700円分のフードチケットを上手に使い切ることができますよ。

スターバックス利用者が、700円分のフードチケットをどう使っているかも参考にしていきましょう。

スポンサーリンク
目次

スタバのフードチケット700円は使い切るのが難しい理由

フードチケット700円ってどう使えばいいの?

300円のフードチケットならまだしも、700円分となると逆に使いづらくなります。

なぜフードチケット700円は気軽に使えないのか。

その理由を見れば、損をしない使い方も見えてきます。

① スタバのフードチケットはお釣りがもらえない

スターバックスのレジ

スターバックスのチケット類はお釣りがもらえません。

例えば700円分のフードチケットで300円のスコーンを購入。

この場合でも差額の400円はお釣りでもらえないんですね。

チケットも残高が次回に持ち越せるなどの配慮もありません。

あくまでチケットは『価格内の商品と交換』できるアイテムとなっています。

つまり700円のフードチケットをお得に使いたいなら、700円ギリギリの商品を選ぶこと。

もしくは700円以上の商品を選び、不足分を支払うのがいいでしょう。

② スターバックスのフードは300円~600円が多い

アメリカンワッフル

700円ギリギリのフードってある?

そう思ってスターバックスのフードコーナーへ行くと、ガッカリするかもしれません。

なぜならスタバで買えるフードは、300円前後~600円前後のものが多いから。

ワッフルやドーナツ・スコーンなどは300円でも買えるくらいコスパが良いです。

一方でケーキなども高いですが、700円チケットを使うとなると少し物足りません。

こういった状況があるので、700円分のフードチケットは使いづらい面があります。

スターバックスの店舗の中でも、高額なフードを扱う店舗を探すなど工夫が必要なんですね。

③ フードチケット1枚につき1商品にしか使えない

300円のフードを2つ買えばいいのでは?

こう思うかもしれませんが、スタバのフードチケットには制限があります。

フードチケットは1枚につき1商品にしか使えないんですね。

仮に500円のフードと300円のフードを買えば、フードチケットは500円に適用されお会計は300円となります。

つまり商品を何個も買っても、フードチケットを有効活用できるわけではありません。

フードチケットを有効に使いたいなら、700円前後の商品を探した方がいいです。

参考⋙スタバをお得に使うためのクレカ選びやポイ活

フードチケットを使い切るのが難しいワケ

  • 差額分のお釣りがもらえない
  • スタバのフードは300円~600円のものがほとんど
  • チケット1枚につき商品1つと交換になる
スポンサーリンク

スタバのフードチケット700円のおすすめの使い方

ではどうすればスターバックスのフードチケットを有効活用できるのか。

700円を超えた商品に使ったり、そのとき一番食べたいものを無料で食べる方法があります。

① スターバックスのリザーブ店からフードを選ぶ

Starbacksリザーブストア

700円以上するフードってないの?

スターバックスの通常の店舗ではフードは300円~600円のものが多いです。

つまりフードチケットを使うと100円ほど損した気分になっちゃうんですね。

少しでもお得に使いたいなら、スターバックスのリザーブを利用しましょう。

リザーブとは、より洗練されたコーヒーを楽しみたい人向けの店舗のこと。

リザーブストアでは700円以上のフードも扱っているので、700円のフードチケットを使いやすいです。

都心であればリザーブストアがある可能性が高いです。

まずは通える範囲内にリザーブストアがあるか探してみましょう。

公式⋙スターバックスのリザーブストアを探す

② クリスマスのジンジャーブレッドクッキーなど期間限定フードを探す

スターバックスのバウムクーヘン

リザーブストアの店舗が近くにない

そんなときは期間限定フードを探しましょう。

特にクリスマスなどはクッキー入りの缶が発売されています。

こういったフードをチケットで購入した方もいますよ。

700円で買えるわけではないので、700円を割引して購入するイメージですね。

不足分はスタバカードで支払ってスターを貯めるのがおすすめ。

参考⋙スタバカードにメリットはない?便利など5つの利点とデメリット

③ 食べたいフードだけ頼んで実質0円で店舗を使う

チョコレートチャンクスコーンのレビュー

期間限定フードもない場合は、割り切って好きなフードを選ぶのもアリです。

確かに500円~600円のフードを買えば、100円ほど損した気分にはなるかもしれません。

でも無理をしてリザーブストアに通ったり、缶を買い数千円を払うのも少し違いますよね。

そう思うならその瞬間にあなたが一番食べたいものを選び、フードチケットを消費しましょう。

ドリンクを頼まなくてもイートインで食べることはできます。

チケットを消費するだけでスターバックスを利用できるので、友達と一緒に行くのもいいですね。

ホイップなどは有料カスタムになるので、贅沢としてつけてもらうのもいいでしょう。

フードのカスタマイズ

  • ホイップの追加 33円
  • ソースの追加 無料
  • コンディメントバー(はちみつ・シュガー) 無料

お得に使いたいならリザーブストアのフードが使いやすいです。

期間限定フードも使えるタイミングが合えばラッキーですね。

ただそれ以外となると700円未満のフードを買うことになります。

参考⋙スタバのフードチケット(300円)でおすすめの使い方は?

700円フードチケットの使い方

  • リザーブストアのフードに使う
  • クリスマスなど期間限定フードを探す
  • 好きなフードを頼んでカスタムをして楽しむ
スポンサーリンク

スタバのフードチケット700円を使うときの注意点

最後はスターバックスの700円フードチケットを使うときの注意点を見ていきましょう。

間違えて購入した場合は、返金や交換は可能なのでしょうか?

① リザーブストアや期間限定フードは早めに探そう

フードチケットには有効期限が設定されています。

期限を1日でも過ぎたら、そのフードチケットは使えなくなるんですね。

なのでリザーブストアやフードを探すのは今のうちに始めた方がいいです。

公式アプリでスターを使って発行したリワードチケットの場合は、有効期限は1ヶ月が目安。

今度、買い物するときにリザーブストアに寄ろう

こう考えていると有効期限を過ぎてしまう可能性があるんですね。

② フードチケットの条件は店舗ごとに変わる?

スターバックスのチケット類は状況によって条件が変わることがあります。

例えばリザーブストアへ行っても700円以上のフードが売り切れていたら消費できません。

モバイルオーダーだと対応商品も変わって取り扱っていないケースも出てきます。

またUber Eatsを含むデリバリーサービスでは利用できないんですね。

午前中など早めに来店すればフードも売り切れていることはありません。

なので食べたいフードがあるなら早めに来店した方がいいですね。

③ フードチケットを間違えて入手したときは?

キャラメルフラペチーノ

間違えてフードチケット700円を買った

ドリンクチケット700円と間違えて買った場合はどうすればいいのでしょうか。

基本的にはキャンセルできないので、そのままフードチケットとして使うしかありません。

間違えて購入する人もいて、仕方なくフードチケットのまま消費することが多いのが現状。

ただ店舗や店員さんによっては、交換してくれるなど救済措置をしていくれるケースもあります。

もちろんこういった対応をお店側に強いるのは辞めましょう。

ただ運が良ければ、もしかしたらドリンクチケットなど別のものに交換してくれるかもしれませんよ。

参考⋙スタバのフードチケットってドリンクに変更できる?無理なら…

フードチケットの注意点

  • 有効期限内に消費しよう
  • 売り切れなど店舗別で取扱商品が変わる場合がある
  • 間違って購入しても原則はキャンセルや交換はできない
スポンサーリンク

スターバックスのフードチケット700円は使い切るのが大変

700円のフードチケットを有効活用するのは難しいです。

なぜなら通常のスターバックスには700円もするフードがないから。

お釣りがでないので損したくないときは、リザーブストアへ行きましょう。

リザーブストアだと700円台のフードも扱っていますよ。

ただ近くにリザーブストアがない場合は、無理をして700円のフードを探す必要はありません。

好きなフードを頼んで店内でゆっくり過ごすのもステキな使い方です。

有効期限もあるので、早めに使うよう意識した方がいいですよ。

次はこちら⋙スターバックスのモバイルオーダーで間違えたら?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次